533年後半(2):   

25日は、ナァム恋愛から抜け出した、ミダナァムの血筋のシザー・スホーイ君と、現コークナァムレンダ・イーグルさんの結婚式でした。
(イーグル姓は忘れましたが、スホーイ家は、初期国民セーナ・スホーイの子孫です。確かうちの国ではミダナァム家のナワフ・ワグナーの元へ嫁いでいました)
10年越しの恋愛を実らせて、とても幸せそうです。早く子供もできるとよいな♪



そして暮れも押し迫った年末の29日…
イングリッドが現在の自宅であるジマナァム邸で夕飯の用意をしていたところ、娘のエイリークが帰宅しました。が、いつもと様子が違い、無言で自分の部屋へ直行しようとします。
b0057741_35562.gif「あら?どうしたの、エイリーク。何だか暗いわよ」

b0057741_364530.gif「…なんでもないの…」


なんでもない筈がありません。
なんと、エイリークのステータスに失恋の文字が!
おのれキッド、うちの子のどこが気に入らないのーー!!

身内に失恋マークが付いたのを初めて見たプレイヤー、憤怒。(笑)
エイリークは兄があんな性格のため、しっかり者を装っているけれど、実はナイーブと言った
印象があったので、余計に不憫さを感じました。
大丈夫、エイリークはいい子なんだからもっと他にいい人がいるわよ!

(実は他にも不憫さを感じる理由があるのですが、ネタばれなのでそれを知りたい人だけ、今回の日記のどこかを探してみてください)

(C)1999 Riverhillsoft Inc.

←前記事へ                              イングリッドプレイ後書きへ→


3歳児パスを取ったときに調べたのですが、エフラムは寿命がかなりあるけれど、エイリークは逆にかなり短い。武術の素質もかなりいいと出ているだけに残念。
[PR]

by blue-ground | 2005-02-13 03:27 | コヤマ家1-4代

<< セリフについて 533年後半(1):ジマナァム継承 >>