オルルド回顧録その3 2代目レイのこと(前編)   

2代目は、末っ子の

b0057741_153488.gifレイに引き継ぎました。




なんとなくプレイボーイっぽいお顔ですが、恋愛で大変な思いをした代です。
実は彼に引き継ぐ前から、ご近所の

b0057741_163755.gifルミちゃん
にプレイヤーが一目惚れをしており、絶対この子と結婚しよう!と決めていました。(この顔はオルルド一の美人さんだと思ってます)
でも彼女は1つ年上だったので、レイが成人するまで誰かと結婚してしまわないか、毎日
毎日ハラハラしてました。
で、レイの成人後、猛ダッシュ(笑)でデートを取付けに。「好きな人いるの?」「いるよ」
といったような会話(うろ覚え)に落胆しつつ、何とかデートを取り付け、晴れて恋人同士になった時はピンクのネームプレートが非常にいとおしかったです。

ところが!順調に進むかに見えた交際ですが、ルミちゃんはとっても移り気で、「他に好きな人が出来たの」と振られてしまいました(泣)
1代目アンナの時は、イージーにそんなセリフ言われたことなかったのに!
その後何度デートを申し込んでも、「好きな人がいるの」と断られまくり。
好きな人って誰!?
そんなわけでルミをストーカーしたところ、どうも

b0057741_1264894.gifノリック
という若者と付き合っている様子。
そんな男のドコがいいんだ!俺のほうがいい男だ!!(←ホントか??)
レイは奮起し、ルミに毎日セシリアのしずく(花束のプレゼントアイテム)などの贈り物をし、何とか気を引こうと頑張ってました。そのかいあってか、再びデートOkをしてくれ、恋人に戻ることが出来ました。
でもデートに誘うと「明日は用事があるの」と、色よい返事をくれないこともあり、好感度を高めるためできるだけプレゼント攻撃してました。
ある程度好感度が高まったかな?というところで、もう一押し!と、集めたセシリアのしずくを持ってルミの家を訪問。(彼女の家は親の親衛隊入りで途中でメイのテラスになりました。なんかますます高嶺の花という感じ…)、花束を渡そうとして、手がすべりついデートに誘ってしまったところ、

b0057741_1395315.gif「他に好きな人が出来たの」
b0057741_1404328.gif「!!」
振られると一気に疲労&ストレスが満タンになります。そして疲労により、持っていたセシリア
の花束をボトッと音を立てて取り落とすレイ。
去っていくルミ。
ステータス真っ赤のまま呆然とその場に立ち尽くすレイと、地面でブルブル震えている花束。
見てて哀れでした…(TT)
こんなに好きなのに、報われないこともあるのね…
追いかけても追いかけてもつれないルミを、レイはあきらめることにしました。

(C)1997 Riverhillsoft Inc.
[PR]

by blue-ground | 2005-04-09 01:09 | オルルド回顧録【完】

<< オルルド回顧録その4 2代目レ... オルルド回顧録その2 1代目ア... >>