541年後半:初ウルグ長選   

現在の議長は、エセルバートの大叔父さんである
b0057741_241677.gifゲオログ・リード氏
なのですが、



この彼がすごい。
現在34歳という長寿もさるべきことながら、現職議長でAリーグ1位、そして勤勉な性格なのでしょう、仕事ポイントが27553P!
プレイヤーの国のNPCでここまでポイントを貯めている人はいなかったので、ついつい尊敬のまなざしで見守ってしまいます。
もしかしたら大仕事人取れるかな…?
でも年齢的にリミットかも。

28日。人口は112人との発表。男女比はほぼ同率になってきましたが、子供が30人もいます。一番人口が多かった時もこんなに子供はいなかったのですが。

そして29日、遂にエセルバートにウルグ長選の公示が!
ガアチの上位5人中に、母イングリッド(ナァム)とその夫タルポットがいるため、それ以外の3人のうちの一人になっていたのです。
まだまだ若いので、当選はしないと思うのですが、何せ子供の頃からの憧れのウルグ長です。エセルバートは動悸を抑えながらガアチの火床に向かいました。

ちなみに、他の立候補者のうち一人は義母ヴァレリーでした。
(イングリッドの代と同じくまた義母対決!)
ヴァレリーはAリーガーでもあり、武術大会にも出場しているので、かなり強力な対決相手です。案の定、投票が始まると、皆ヴァレリーに票を入れていきます。
結局エセルバートは父母の票+2票(誰だったのか不明)の4票のみで、予想通り落選してしまいました。唯一の救いは途中、ファイディメが駆け寄ってきて声をかけてくれたことでしょうか。
残念。来年また頑張ります。

しかし父母票って、明らかにひいき票…

←前記事へ                                        番外編へ→
[PR]

by blue-ground | 2005-04-23 02:36 | 5代目エセルバート

<< 542年前半:思いがけないお誘い 541年中盤:お父さんの料理  >>