585年前半(1):   

年が明けました。
1日。
娘のアリエルが入学です。



b0057741_1630856.gif「今日は午後からアリエルの入学式ですから、忘れないで下さいね!」
とクラリッサに何度も念を押されたせいか(?)、ノズルさんは、今年はDD杯の年で大道芸も来ていましたが、そちらには行かず、クラリッサの次にギタの学舎に来てくれました。

彼は午前中はギブルを買いに行っていたので、いつものようにもうお金ないのかしら? とクラリッサがノズルさんのステータスを見ると、なんと仕事道具が「カナヅチ」(下から2番目のランクのもの)になっています。
い、今まで一度も仕事道具なんて借りたことがなかったのに……!
どうやら、ギブルを8枚購入後に残ったお金で、借りられる仕事道具を初めて借りてきたよう。
娘も入学することだし、彼なりに何か思うところがあったのでしょうか? 

b0057741_1630856.gif「ノズルさん……」
b0057741_94877.gif「何だよ?」
b0057741_1630856.gif「何でもありません! ♪」
ともかく、嬉しく思ったクラリッサ。ノズルさんは確実に勤勉性が上がってきているようです。

やがて学舎には、同じく娘が入学する、クラリッサの従妹のポーラちゃん夫婦などもやって来ました。
また、クラリッサの(継承後に生まれた)9歳年下の妹、ジョリーンも入学なので、クラリッサの両親のヴィクトールとノヴァも来ています。

父兄の席でクラリッサが母と並んで立っている後ろで、こそこそ話すノズル君とヴィクトール↓

b0057741_94877.gif「武術大会の開会式ならともかく、まさかあんたと一緒にここに並ぶ日が来るとはね……」
b0057741_13541777.gif「……悪かったな末娘と孫が同じ年で!(汗)オレだってお前が子供持って入学式に来るようになるとは思わなかったぞ!
※しかしヴィクトール(23歳)だけでなくノズル君(22歳)も、3歳児の親としてはちょっと年

ちなみにアリエルにお試し継承してジョリーンに話しかけてみたところ、叔母姪という関係のせいで、同じ3歳の子供なのに親戚会話になり、

b0057741_16123970.gif「(澄まし顔で) あら、ジョリーンおばさん
b0057741_1328238.gif「おやおや アリエルちゃん」
これじゃアリエルがイヤな女です(汗)子供同士の会話をもう少しどうにかして欲しかった…!

その夜、アリエルが珍しく、

b0057741_16123970.gif「学校で何を勉強しようかな?」
と何度もクラリッサに話しかけて来ました。優しさが低いので、普段あまり話しかけてこないほうなのですが、入学して大好きな学舎に通うことになり、ちょっと緊張して神経質になっているようです。
ちなみにノズルさんの答えは、

b0057741_94877.gif「(当然のごとく)勉強なんかしなくても大丈夫!」(キッパリ)
b0057741_1630856.gif「だ、だめよ! ウルグでどんな仕事をするのか勉強しておきなさい」


2日。
新年祭です。
クラリッサは去年2勝2敗だったのですが、今年はひとつ順位が上がってコークC4位でした。
Dリーグに転落せずにすみ、ショルグではなかなか順調です。

4日。
この日、前日に危篤になっていたイアンがワクトの元に召されました。

b0057741_11474247.gifイアン・クライン 36歳。「責任感がある」
ミダB3位、リムウルグ6位、仕事ポイント11912ポイント、98/129/109、28勝40敗4KO4連勝。

もう少し長生きしてくれるかと思ってたんだけどなあ……ちょうど、翌日が37歳の誕生日でした。
この顔が好きだったので、7代目ユリイカの婿候補として新規作成して移住させましたが、残念ながらユリイカを全然相手にしてくれませんでした(ノズル君はクラリッサを拒絶!と言う感じでしたが、イアンはユリイカのお誘いを笑ってかわして、本気にしてくれないと言う感じでした。どちらも、顔グラから受けるの印象のせいですね)
そんなイアンは振ったり振られたりで恋人を結構変えていて、結局恋人なしのまま第4段階に入ってしまい、コレは一生独身かな? と思ってたら、25歳の時に16歳年下の子(9歳)とゴールインすると言うびっくりなことをやらかしてくれました。その後、子供は年齢的に一人くらいかなー? とも思っていたら、高齢なのにぽんぽんと3人も作って更にプレイヤーはびっくり。
ネタをありがとうウルグやショルグで活躍とまでは行きませんでしたが、彼なりに充実した人生を送ったのではないでしょうか。

さて、今年の武術大会はミダ杯。
5日の1回戦は、クラリッサの父ヴィクトールと、

b0057741_15413565.gifノズルさんのお姉さんのカヤエさんの対戦。
カヤエさんはミダAリーガーで、これまでにも何度か武術大会に出ています。この日はミダ杯というのもあってか、お父さんは先にカヤエさんにミダ技でポイントを取られてしまい負けてしまいました。
お父さん、残念! 何故かヴィクトールはちょっとミダ杯には弱いようです。

6日。
この日は今度はノズルさんの1回戦です。クラリッサも観戦に行きました。
応援にはウォルターとレイチェルが来ています。後からミュリエルもやって来ました。しかし、いつもはナイターならアリエルも父親の応援に来るのに、今夜は姿が見えません。
学校に行き出したし、

b0057741_1630856.gif(い……家でお勉強中なのかも……?)
そして試合ですが……ノズルさんは今までコールドランスを多用して試合をしてきましたが、それだけでは優勝することはできないと気づいたのか、今回はまるでミダ杯と言うことを念頭に置いているかのように、ミダ技攻め! ポイントを稼ぎ、220vs35という大差で勝利したのでした。

今度はどこまで行けるかしら?
勝利して意気揚々と試合場から降りてきた夫を、子供たちと一緒に迎えながらそう思ったクラリッサ。
以前は無鉄砲に戦っていただけだったのに、何度も負けを喫することで、段々と色々考えて武術大会に臨むようになって来た彼を、クラリッサは心から応援したい気持ちでいっぱいです。

←前記事へ                                        次記事へ→
[PR]

by blue-ground | 2007-03-20 20:13 | 9代目クラリッサ

<< 585年前半(2): 584年後半: >>