594年前半(1):   

1日。

この日、同級生三人と一緒に、とうとうアトリ君が成人しました。



※※※

成人したアトリ君の性格は、「奥ゆかしい」でした。(赤はプラス、青はマイナスを表します)

b0057741_13293330.gif積極性 ****
勤勉性 **
優しさ  ****

お、男の子なのに奥ゆかしい……!(爆)
てっきり「信心深い」になると思っていたのですが、たまたま学舎に通った3年間が「優・真・優」の教育方針だったこともあって、この性格になったようです。
しかし、「信心深い」よりもこっちのほうがアトリ君に似合っている気がするプレイヤー。


さて、アトリ君のお父さんのアラモさん(生粋の地元民ですが何と33歳のご高齢!)、お母さんのシータさん(システム移住者・31歳)は、遅くに出来た、たった一人の息子の成人式を無事に見届けることが出来て感無量の様子。

b0057741_15573728.gif「(式場で感激の涙にむせび泣きながら)立派になったなあアトリ★……! あとはかわいいお嫁さんをもらってくれれば、もう父さんはいつ死んでもいいぞ!!」
b0057741_13293330.gif「お、お父さん、恥ずかしいから泣くのやめてよ……」
ちなみにアトリ君の本名は、前PCクラリッサのプレイ日記にも出てきているのですが、これ↓で、



こんなキラキラしい名前をつけるくらい、両親は晩婚で出来た一人息子がかわいかったようです。(あと、アトリ君はこの国で最後のセラデス姓一家の息子でもある)

さて、今年は三年に一度の大道芸がやってくる年です。
レイチェルが大道芸を見にプルト闘技場へ向かっていると、成人式を終え、同じく大道芸を見に来たアトリ君と神殿前でバッタリ会いました。

b0057741_13293330.gif「……」
b0057741_10511062.gif「……? ……!!」
b0057741_13293330.gif「こんにちは、レイチェルさん」
b0057741_10511062.gif「こ、こんにちは」
ぎゃーあたし何でアトリにこんにちはとか挨拶してんのよ!

アトリ君に出会ったレイチェルが、ちょっと動揺してしまった(笑)のも無理はありません。
この日レイチェルが見たアトリ君は、びっくりするほど大人っぽく成長していたうえ、何と彼が成人に際し選んでいた所属が、コークガアチという、レイチェルの亡くなったパパとまったく同じ所属だったのです。

b0057741_13293330.gif「今年成人しました。よろしくお願いします」(ぺこり)
b0057741_10511062.gif「う、うん、わかった」
b0057741_13293330.gif「……レイチェルさん、あの……」
b0057741_10511062.gif「じゃ、じゃあまたね!」
b0057741_13293330.gif「あ……」
何か言いかけたアトリ君をさえぎって、さっさと手を振ると、レイチェルはプルト闘技場へ向かって走り出しました。

な、なんであたしのパパと同じウルグにショルグなの!?
ぐ、偶然? それとも、あたしが何度もパパのことを言ってたから?

コークはパパが何度もショルグ長を務めていたショルグだし(なのでレイチェルも同じコークを選びました)、ガアチで働く男らしいパパを見てきたので、男ならコーク/ガアチと言う刷り込みがあるパパっ子のレイチェル。
そして、レイチェルがその所属の組み合わせの男性にはとても弱いことを、まるで知っていて選んで来たかのようなアトリ君に、レイチェルは、彼とどう会話したらいいかわからなくなってしまったのです。

もしかして、あたしを誘いに来るって本気なの?
何だか、あのちっちゃくて可愛かったアトリが別人みたいよー!!

成人したら遊びに誘いに来ると言っていたアトリ君の言葉が、急に現実味を帯びてきて、レイチェルはちょっと平常心でいられません。
つい昨日まで子供だったとは思えないほど背も高く立派になって、パパと同じ赤いコークの服を身に着け、ガアチに所属したアトリ君の成人姿は、この日、レイチェルにとても強い印象を与えたのでした。

2日。
この朝、

b0057741_1893598.gif議長のイリューシンさん(31歳)が危篤になりました。
レイチェルもお見舞いに行ってから、コークの新年祭へ。
すると、みんな議長邸へお見舞いへ駆けつけていて誰もいないコークショルグに、朝も早くから新年祭が始まるのを一人待っている姉のミュリエルの姿が。



b0057741_11175662.gif「えっ、議長さん? キトク? 初耳だわ
姉は朝のお知らせをまったく聞いていなかったようです……。薄情な…

そして人々が集まりだして始まった新年祭の発表で、去年D3位だったレイチェルは、今年何とコークC1位になっていました。
前の年、パパを含めコークのAリーガーが大勢亡くなったので、ショルグ員の順位が皆引き上げられたようです。
ちなみにボーダン君もコーク。ショルグ長がリーグ順位を読み上げている間、ボーダン君がレイチェルに話しかけてきます。

b0057741_2052821.gif「アトリ何か言いに来た?」
b0057741_10511062.gif「べ、別に何も言いに来てないわよ」
b0057741_2052821.gif「あれ、そうなの? まあ、あいつ積極的とは言えないからなー」
期待はずれというような顔をして、今度はアトリ君の傍に向かうボーダン君。

b0057741_2052821.gif「よーアトリ、せっかく成人したのに何でレイチェルさんに声かけに行かないんだよ?って言うかお前そんなひょろひょろなのに何でガアチ選んだの?
b0057741_13293330.gif「……は、話しかけたんだけど、なんか避けられてるみたいなんだ……」(しょんぼり)
b0057741_2052821.gif「あれ? そうなの??」
二人が言っていることが違って、ボーダン君は訳がわからないようです(笑)

午後は仕事始めです。
リムウルグに向かったレイチェルは、仕事始めが始まるまでの時間、漁場で釣りをすることに。
釣り糸を垂らしながら、

大体あたしはまだまだ勤勉が低すぎるから、たくさん働かなきゃいけないのよ!
今年こそ、本腰入れて仕事しなくちゃいけないんだから!
そもそもアトリだって、女の子の友達いっぱいいるみたいだし(※しかも同級生は全員女の子)、何もあたしじゃなくっても……


と、そんな感じで夢中で釣りをしていたら、

b0057741_10511062.gif(はっ……)
いつの間にやら夕方になっていて、仕事始めはとっくに終わってすっぽかしたことになっていたレイチェル(笑)


というわけで、去年の年末は、子供だと思っててちっともアトリ君の言葉を本気にしていなくて彼を戸惑わせていたのに、いざ彼が大人になると戸惑ってしまったのが今度は自分のほうだと言うことに、まだレイチェルは気づいていなかったのでした。


←前記事へ                                        次記事へ→


#本日まで拍手&メッセージありがとうございました!
[PR]

by blue-ground | 2007-11-26 00:00 | 10代目レイチェル

<< 594年前半(2): 593年後半(2): >>